本文へスキップ

株式会社エムアイオージャパンは人と環境にやさしいバイオクリーナーの専門メーカーです。

TEL. 072-781-3377

〒664-0001 兵庫県伊丹市荒牧3-17-20

エムアイオージャパンHOME > 取扱商品 > 浄化槽クリーナー K-57JD&K-37JD > 浄化槽の仕組みと役割

浄化槽について

浄化槽の仕組み

トイレや台所から排出された汚水は、まず嫌気ろ床槽に入ります。嫌気ろ床槽では,汚水中の固形物を除去し、ろ材の表面に付いた嫌気性微生物が汚水中の有機物を分解します。
次に、もう一つの嫌気ろ床槽を通り,同じ処理を繰り返してから,接触ばっ気槽に入ります。この槽ではバクテリアがブロワ(送風機)から送り込まれる空気によって,有機物の分解を促進させます。
  こうしてきれいになった上澄みの水は,消毒槽で塩素消毒されてから放流されます。また,有機物を分解しながら増え続けた微生物は汚泥となって沈殿槽に沈みます。

ロービック浄化槽クリーナーは、有用バクテリアの働きで浄化槽内のバクテリア活性を高め、汚水中の有機物や堆積汚泥を分解を促進させるため、浄化槽特有の悪臭の防止と清掃回数を軽減することができます。
浄化槽の中ではバクテリアが活性し、汚れを分解していきます。使用状況等の変化により、一時的バクテリアの活性が弱まり、浄化槽の機能が低下することがあります。
そんな時には、バクテリアを追加投入することで浄化槽の機能が回復します。


消化槽の仕組み
浄化槽
浄化槽